HISTORY of LANDROVER  DEFENDER
ディフェンダー110を語る上で、まず予備知識としてローバーの歴史を振り返って見る
 
   第二次世界大戦が終わった1945年イギリスのローバー社は

創立時からのコベントリーから本社をソリハルに移した。

テクニカルディレクターであったモーリス・ウィルクスは自己で所有していたアメリカのジープをヒントに、

民生用四輪駆動車の開発を提案。プロジェクトは’47年にスタートした。

兄のスペンサー・ベルノー・ウィルクスとエンジニア達と共にまずジープの実力を検証し、

驚くべく、たった2ヶ月でプロトタイプを完成させ、生産が決定された。

幾つかの改良が施されプロトタイプ完成から僅か1年後の’48年4月、

アムステルダム・モーターショーでランドローバー 「seriesT」 は堂々たるデビュー果たした。

 
  
  
seriesT
 
   ’48年、4気筒1600ccガソリンエンジンを搭載し80インチのホイールベースに2ドアのボディを背負ってスタート、売り上げは拡大し続けた。

幾度かの改良を加えながら、2リッターガソリンエンジンとディーゼルエンジンを持って‘57年にseriesUへとバトンを渡した。
 

  
seriesU
 
   依然売り上げ好調ローバー社はこの時から専門のスタイリング部門を持ち、seriesUはボディの幅を1.5インチ広げ独特のスタイルとなった。

ガソリンエンジンは2.3リッターに拡大され、最高出力は40%も向上した。
 

 
seriesUA
 
 ’61年、ディーゼルエンジンを2.3リッターに拡大し、’67年に109インチのホイールベースに2.6リッターの6気筒ガソリンエンジンが導入された。

’68年には110インチのホイールベースが採用され、ヘッドライトがフロントグリル内からフェンダーへと移設され、’71年まで生産された。

この頃からシルエットが今のディフェンダーに近くなってきた。
 

  
seriesV
 
   英国自動車業界再編の内乱の最中生まれたのがseriesV。seriesUからの変更点は主にインテリアの装備を中心に行われ、実質的には

seriesUのマイナーチェンジと言う位置づけになる。’71年からほとんど変更を受けていないseriesVは、

’70年に発表されたレンジローバーのV8、3.5リッターエンジンを搭載する事となり、フロントグリルが前方に押し出され、

今のディフェンダーとほぼ同じ顔つきになった。同時にレンジローバーに採用されていたフルタイム4×4システムも奢られた。
 

 
(seriesW)DEFENDER
 
   ’90年、seriesWは車名を 「DEFENDER」 と改名し、前年に発表されたディスカバリーの

2.5リッター4気筒直噴インタークーラー付きターボディーゼルエンジンを改良した「200Tdi」が搭載された。

 ’94年には更に改良を加えた「300Tdi」となる。親会社が移り変わる中、この年頃にBMW社が親会社となっていた。

 ’97年 OHV8気筒の90が500台限定で日本に正規に輸入される。翌年450台限定で輸入される。

 ’98年 2.5リッター5気筒電子制御直噴インタークーラー付きターボディーゼルエンジン「Td5」が搭載され、見た目は無骨だが、

中身は着実な進化を遂げ、アンチロックブレーキシステムやトラクションコントロールシステムまで奢られる。

この電子制御化に関しては賛否両論ある所ではあるが、アルミのボディ、何十年とほとんど変わらぬスタイリングからも見受けられる様に、

seriesTからのアイデンティティを忠実に引き継ぎ続け、確実に進化を遂げている。

2002年 このTd5エンジンを搭載した110が日本で待望の正規輸入開始。正規輸入された時には既にフォード社傘下にあったことになる。

しかし、正規輸入ディーラーでは乗用登録ができず商用の1ナンバー登録のみだった。

そして、すこし遅れてダブルキャブピックアップモデルがディフェンダーブラックと言う名で50台限定で正規輸入される。

このブラックのダブルキャブを見かけたらかなり珍しい。

その後、ディーゼル規制のあおりを受けわずか3年後の2005年に正規輸入は打ち切られた。

 2006年 BMW社はランドローバーブランドをフォードに売却。

 2007年 ディフェンダーはフォードの2.4リッター直4エンジンPUMAを搭載。

ミッションは6速を備え、内装も豪華になり、吊り下げ式のクーラーから、エアコンに代った。

外観のデザインは変わらず、ボンネットにバルジが設けられたのみ。

 2008年 フォード社はランドローバーをジャガーとともにインドのタタモータース社へ売却。

 2012年 2.4リッターからDPFを備えた2.2リッターエンジンへ変更になった。出力とトルクは変わらず。

 2015年 12月の生産を最後に、ディフェンダーは67年という歴史に幕を閉じた。

 2016年 1月29日 最後のディフェンダーが、ランドローバー社員に見守られながらソリハルの生産ラインから旅立っていった。

シリーズからのアイデンティティを着実に引き継いできたディフェンダーには、

どんな高級車にも成しえない味わいと魅力が備わっており、今もなおファンから熱い支持を得ている。

   
 
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved