Modify
運転席オートウインドウ化
スイッチを押し続けなくても全開、全閉を可能に!
 
 ディフェンダーがTd5エンジンを搭載した頃から内装が一新され、

運転席と助手席のウインドウのみ、手回しのレギュレーターからパワーウインドウが装備された。  

が、全開、もしくは全閉するのにずっとスイッチを押してなければならない。手放しで全開全閉ができるオートウインドウ機能がない。

ETCになり高速の料金所で窓を開けることも少なくなったが、意外にオートウインドウがあったらなーというシチュエーションはあるもの。
  

 
 選んだのは、コムエンタープライズ「オートウインドウキットver4.2」

パワーウインドウのスイッチをダブルクリックすることで、自動的に全開、全閉できる。

この製品は開閉時間を学習するので、パワーウインドウのモーターに負担がかかることはない。

更に、ドアが開いた時に自動的にウインドウがすこしだけ降りて閉まると全閉になるパーシャルウインドウまで搭載。

室内への風圧での閉まりにくさを解消できる。
 

                              
 「オートウインドウキットver4.2」
        コムエンタープライズ
 
   キットの内容は 

・コントローラー   ・専用ハーネス(ヒューズ付き)   ・取り扱い説明書

コントローラーの大きさは70×60×26(mm) 

専用ハーネスの長さは測り損ねたが、余裕のたっぷりある長さ (かなり切断した) お値段はお安いです。 


ここからの作業は
 ① あらかじめウインドウを 全開 の状態からスタート  ② コントローラからコネクタを外した状態からスタート
 
 
プラスコントロール? or マイナスコントロール?
 

 
この製品はプラスコントロールorマイナスコントロールで配線の仕方が変わってくる。

まずは、ディフェンダーのパワーウインドウが、プラスコントロールなのかマイナスコントロールなのか、どちら側の線が上昇線あるいは下降線がなのかを調べる。

WorkshopManualの 回路の説明を読んでも、英語を日本語訳したものなので意外に判りにくい。実際にテスターであたった方が確実。
  

WorkshopManual  パワーウインドウコントロール回路の説明(上昇)
 
アップ

ウィンドウ スイッチを「アップ」位置にすると、電流はOR その後R ワイヤでスイッチ(C0242)を経由して右側ウィンドウ リフト モータ(C0326)へ流れる。

ウィンドウ リフトモータ(C0326)は、ウィンドウ スイッチ(C0242)を経由してU 、OU 、B ワイヤでアース経路を供給する。

その結果、ウィンドウ リフト モータはウィンドウを上げることができる。

 
WorkshopManual  パワーウインドウコントロールの回路図
 
SWITCH-WINDOW -FRONT-RH    O=オレンジ R=赤 U=青 B=黒 S=グレー
  
SWITCH-WINDOW -FRONT-RH(S138)」 が運転席側
 
    
 ドアスイッチのグレーの線も引き出す
コネクタの場所
 
左写真、 「C0464」「C0322」 というコネクタは、

運転席ドアを開けた前側、ドアとAポストをつなぐ黒いゴム製の配線チューブのAポスト側を取り外すと

そこに収納されている。

ここからコネクターをたぐりよせる様に引き出す。白い方のコネクタが該当のコネクタ。

 
テスターで電圧を計る

 
白のコネクタ 「C0464」「C0322」を外して、

車輛側のコネクタの OR あるいは OU のラインにはプラス端子を。

マイナス端子はボディアースに接続した状態で、ウインドウスイッチを上昇に操作した時の電圧を計ってみる。
 

 
何もスイッチを操作しない状態で

OROUも電圧は12V以上となっている。

 
ウインドウスイッチを操作した側の線が

電圧はほぼ0Vになる。

 
 
 上昇線、下降線ともに、常にプラス電圧が接続されていて、スイッチを操作してアース(-)へ落ちた方が作動する、つまりマイナスコントロールということ。

そして、ウインドウスイッチを上昇側に押したときに0Vを示したのは OR なので、こちらが上昇線となる。

 
 ということで、ディフェンダーはマイナスコントロール車 OR R が上昇線、UOU が下降線 であることがわかった。
 
 
取り付け作業
  
取説 
 
こちらは 「マイナスコントロール車」 用の配線図 (注意:プラスコントロール車の配線とは異なります)
 
上昇線 = ORがウインドウスイッチ側 Rが上昇線のウインドウモーター側

下昇線 = OUがウインドウスイッチ側 Uが下昇線のウインドウモーター側

なので、以下のように配線すればよい

灰  の様につなぐ
  
ギボシ端子取り付け
 

該当のコネクタを切断し、ギボシ端子を取り付ける。コネクタを切断してしまうので、

万が一このユニットが故障した場合に元に戻せるようにオス・メスの取り付け方向を注意する。
 

  
     
の線は、Aポストとドアを結ぶコム製のチューブに小さな穴を開けあらかじめ通しておいてから

 RUOROU につながるように、各線にギボシ端子を取り付ける。

  
   
  赤/の線は束ねて常時電源へ。(必要容量20A以上)。 

REEの車両は元々バッテリーから直引きで常時電源としてプラスとマイナスの幹線を

引いてあるので、そこから分岐カプラ(青)で分岐した。

 黒/の線も束ねてアースへ。こちらも幹線のマイナス側から分岐カプラ(青)で分岐した。

 の線は、ドアスイッチのグレーの線に分岐カプラ(赤)で分岐した。

 
  
マイナスコントロール車の設定
コントローラの裏蓋を開き、左写真の基盤を取り出す。  

基盤にある赤いディップスイッチの1番を「OFF側」(下)にする。

  
最終つなぎ込み~ウインドウ開閉時間学習  
   
1.全ての配線のつなぎ込みが終わったらウインドウが全開になっていることを確認してコントローラにハーネスのコネクタを挿入する。

2.約2秒後にウインドウが少し上がるのを確認したら、ウインドウスイッチで全閉にして手を離す。

3.コントローラから「カチッ」とリレーの音がして、開閉時間の学習が完了する。 

   
最終処理
 
 配線は面倒でもすべてコルゲートチューブ等で処理するのが鉄則。

配線の端子接続、回路に必要に合わせてヒューズを介すなど車両火災を

未然に防ぐための安全策はおろそかにしない。

  
 
下はコルゲートチューブに配線を通す便利なグッズ
 
この様に配線を挟み通して、先端をコルゲートチューブに差し込んで

滑らすと 、いとも簡単にチューブの中に配線が収まっていく。

このグッズ 工具屋STRAGHT でたったの¥180円。コスパ大。

 
操作
 
操作は、ウインドウのスイッチのダブルクリック。全開、全閉したい時にダブルクリックすると、オートで全開もしくは全閉になる。

全開、全閉のオート動作中にウインドウスイッチのアップかダウンいずれかを押せば、オート機能は解除されて止まる。
 

 
付加機能 (パーシャルウインドウ)
 
 
 この機能は、ドアが開いた瞬間にウインドウが少しだけ下がり、閉じたと同時にウインドウが閉まり、

ドアを閉じた時の風圧による閉じにくさを解消してくれる機能。

動画をご覧ください。 
 

 
 
 ディフェンダー乗りなら「はい?」って声が聞こえそう。元々密閉がさほどでもないので、この機能は不要ではありませんか? と。

いえいえ、イメージはそうですが、ディフェンダーって意外に密閉性はよいと思うのですが。。。

この機能に必要を感じない、そういう向きはこの機能は任意なので線は配線をしなけくても可。

線端をビニールテープなどで保護してボディなどに接触しないように処理しましょう。
 

 
電装品をいじるときには、必ずバッテリーのマイナス端子を外しましょう。マイナス端子を外すとTd5の場合トリップメーターがリセットされてしまいます。(オドメーターはリセットされません) 

満タン法で燃費を量っている方はその回はあきらめましょう。

その他オーディオ関係のメモリーも消失する可能性があります。シガープラグタイプや端子接続タイプでメモリーを保護する製品もあります。

興味のある方は調べてください。また、バッテリー端子を外す時はオープンエンドのレンチを使います。万が一ショートした時にすぐに外れて事故を最小限に留めるためです。
 

 
 この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いません。自己責任でお願いします。

 
  
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved