Modify
バックカメラ搭載  スペアタイヤはどの程度視界を遮るか
 
 ディフェンダーは背が高く後方直下の視界はゼロ。 特にスペアタイヤの位置が高いため更に後方視界を妨げている。

バックする時に直後に子供など居ても気がつかない可能性もありとても気を遣う。

ナビが故障して新調したのを機にかねてから装着を考えていたバックカメラを追加した。

バックカメラを検討しているが、スペアタイヤがあるし取り付け位置に不安で、決して安くない物だし、

どの程度効果があるかわからないと二の足を踏んでいませんか?

この記事をどうぞ参考にしてください。
 

 
カロッツェリア バックカメラ  ND-BC100U
 
  画素数
 
27万画素 
 
最近の他機種と比べて 見劣りする画素数 
 
  視野角
 
水平190°垂直158°
 
最近の他機種と比べて ダントツの視野角
 
   最低必要照度
 
 1.5lx〜
 
最近の他機種と比べて 見劣りする値
 
                                        ↑2014.11現在↑
 
   
スペアタイヤが少し右側にオフセットしているので、リアのウォッシャー液ノズルの左側に装着。

かなり広角なのであまりノズルに近づけるとノズルが画角を遮るかも知れない。

スペアタイヤを少しでも越えられる様に思い切ってノズル筺体に取り付けてしまうのも手かもしれない。

(ちなみに仮にやってみたが、見た目がよろしくなかった)
 

 
 実際の視界はこんな
 
  
上は実際ギアをリバースに入れた時にモニタに映し出される映像。御覧の様にスペアタイヤがあろうとも、後方の確認には問題ない。
 
 
・左右のブレーキランプまで入るのでほぼ直下でも車幅分の視界は確保されている(画角水平190°)

・後方の安全確認のためなので視野角が広いのは安心。画質は27万画素なりに荒いがまぁ必要十分。

・ガイドの線は調整可能で、ちゃんと調整すればもっと信頼性があるか。

・スペアタイヤの最後端の位置は、「赤と黄色の横線の間」 の様に目安になり、外出先の駐車場などでは 

 後方が背の低い車の時にでも安心して寄せられて、結構便利。(後ろの車を確認しようと運転席から外に体を乗り出しても見えないことが多い)

・最低必要照度が1.5lx〜で他機種と比べて暗さに弱いが、バックライトのみでも確認に不便はない。

・雨天は水滴がレンズに付着して見にくくなることが多い。
 

  
電装品をいじるときには、必ずバッテリーのマイナス端子を外しましょう。マイナス端子を外すとTd5の場合トリップメーターがリセットされてしまいます。(オドメーターはリセットされません) 

満タン法で燃費を量っている方はその回はあきらめましょう。

その他オーディオ関係のメモリーも消失する可能性があります。シガープラグタイプや端子接続タイプでメモリーを保護する製品もあります。

興味のある方は調べてください。また、バッテリー端子を外す時はオープンエンドのレンチを使います。万が一ショートした時にすぐに外れて事故を最小限に留めるためです。
 

 
 この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いかねます。自己責任でお願いします。

 
  
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved