Modify
バックアップランプ 追加
     
  ディフェンダーのリバースランプは暗い?言われてみれば暗いかもしれないけど、REE的にはまあ十分の明るさな気がする。

しかし、車両左側にしかないので照らされる範囲としてはちょっと不満が無いわけではない。

大昔、別の車に付けていたIPFのバックアップランプを引っ張り出してきて取り付ける事にした。

リレーもスイッチも取り説もあったが、スイッチ側のワイヤー類が一部紛失していたので自作した。
  

 
   IPF 816 BACK LAMP

リバースランプ連動/単独点灯も切替できる専用補助灯。

バック専用の台形ビームパターン。 H3-12v55w 

15年ほど前に使っていたもの。今でも現行品として販売されている。

 
   
 取り説に書いてある回路図(?)は、ほぼ参考にならない。15年も前の事でよく覚えて無いが、

当時よく取り付け出来たなぁと思う。その時もきっとテスターで一つずつ当たって調べたのでしょう。

結果、左の様な回路。左の図をクリックすると拡大する。 

審査事務規程では

「後退灯は、変速装置(被牽引自動車にあっては、その牽引自動車の変速装置)を

後退の位置に操作しており、かつ、原動機の操作装置が始動の位置にあるときにのみ点灯する構造」

 と有る。

つまり、ギアをRに入れた時に、キーがONの状態の時じゃないと点灯してはいけない。

なので ×印は、強制的に点灯させる位置なので未配線にし使用しない。 

電源に関しては、既設のバックランプ配線からリレーのトリガー電源を取っているので

キーがONの状態でないと点灯しないので適合。
 

↑クリック拡大

取り付け位置
 ボディに穴をあけて高い位置に付けるかなど色々考えたが、取り付け位置に関して審査事務規程では

「後退灯の取り付け位置は、その照明部の上縁の高さが地上1200mm以下、下縁の高さが250mm以上」

となっているので、リアバンパー (正確にはバンパーではない) の沢山ある穴のどれかにする事に決定。

車両のリバースランプとは逆の右側に取り付ける事にして、位置はココ。

   
 ただ、このバンパーは箱形の構造になっているため、

付属のボルトのままではナットが留められない。

貫通出来る構造になっているが、貫通させると長さが足りない。

ホームセンターで適当なボルトを調達してきた。

ボルト頭の厚みが厚くてそのままでは使えず、

ステンレス用のヤスリで削ったが硬いステンレスの為に

思うように削れず、0.5mm程度削ったところで気が遠くなってきて断念。

思案した結果ボルト取り付け本体側を削った(下写真)。
 

 
配線取り回し
 
 取り付け位置近くの穴からバンパー裏を通し、室内へ引き込む。

内側へは既設のリアフォグの配線グロメットを通すつもりだったが

キツキツで配線通し用の工具さえ入らず脇に穴をあけて
 


手持ちのグロメットを装着。
 
外側からの配線を内側へ引込む
 
  
アースは、リアパネルにあるボルトに接続。
 
配線はサイドウインドウの上側を通して、Bピラーから床へ落とし、そこからセンターコンソールへ引き回す
     
 車両リバースランプの信号を取るのに、ナビで取ったエンジンルームからの

バック信号線がダッシュボード内まで来ているので、それを利用する予定だった。

見えにくいが右の写真の上の方に束ねてある紫色の線だが、

色々試すも上手く行かず。リバースで電圧は12V来るのだが、

スイッチを繋いだ後段で計ると5V程に落ちてしまう。

LED入りでない、単純なスイッチで試すも全く同じ。 原因究明できず。

 
 仕方が無いのでおおちゃくせずに

車両のリバースランプから信号を取ることに。

リバースランプの配線へは

外側からしかアクセス出来ない。

リバースランプを留めているネジ2本を外す。

白いラインにエレクトロタップで

分岐して室内へ。

   

 こちらにも穴をあけグロメットを活用。

ここから車両左側のサイドウインドウ上を通し

最終的にはオーディオパネル裏まで配線。

配線の長さは6m必要でした。

 
 キットの配線をそのまま使用するのでスイッチを取り付ける。

取り付け位置はココ。

正規輸入車ではヘッドライトレベルのスイッチが付くところ。

基本的には触れないスイッチだけど、折角ある穴を利用する事に。
 

   
   
  
作業終了 スイッチ部化粧  〜完成
 
    
 運転席側の後が特に照らされるのでとてもGOOD! 大昔の色んなカーグッズが倉庫で眠っているが今回バックアップランプが15年の眠りから覚めた。

いつも思うがディフェンダーって車は見た目は様々な配線等にアクセスし易そうに見えるが、以外に手こずり思わぬ時間がかかってしまう。

今回は昼過ぎから初めて作業が終わるまでに暗くなってしまった。 
  

  
電装品をいじるときには、必ずバッテリーのマイナス端子を外しましょう。マイナス端子を外すとTd5の場合トリップメーターがリセットされてしまいます。(オドメーターはリセットされません) 

満タン法で燃費を量っている方はその回はあきらめましょう。

その他オーディオ関係のメモリーも消失する可能性があります。シガープラグタイプや端子接続タイプでメモリーを保護する製品もあります。

興味のある方は調べてください。また、バッテリー端子を外す時はオープンエンドのレンチを使います。万が一ショートした時にすぐに外れて事故を最小限に留めるためです。
 

 
この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いかねます。自己責任でお願いします。
 
   
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved