Modify
リアスピーカーボード製作
 純正のリアスピーカーはキャビン最後部、テールドア両脇の低い位置にある。

ここを加工して16cmか17cmのスピーカーを取り付けようとも思ったが、

音の到達を考えればこの位置はまったくもってイケてない。

荷物を満載すればリアスピーカーの存在は無いも同然。

そこで、テールパネル最上部の位置に取り付ける事とした。

 

テールドア両脇の内装パネル取り外し
 
 内張パネルを加工するので外す作業。

テールドア両脇の内装パネルは、

左写真の矢印の位置に右写真のような金具で挟まっているだけ。

進行方向に引けば外れる。

   
テールドア上部の内装パネル取り外し
 

 上部のパネルは、アシストグリップのビスとファスナークリップで固定されている。

アシストグリップは両端のカバーを開くと、ビス左右2本ずつのビスで留まっている。

4つのファスナークリップは、内装外しを使って外すのだが、頭の部分がヤワヤワで

内装外しが利かず上手くいかない。最後は力業でパネルごと引っ張ったら外れた。

  

左の写真は内装が全て外されたところ。

REEの車輛はオールペンしているので、元色のチャウトンホワイトが出現。

  
リアスピーカーボード製作
 
 設計図なんて無い!全て現物処理。

上部のパネルを元に9mm厚のMDF材を加工してスピーカーボードを製作。

10mm厚以上だとテールドア脇左右の元の内装パネル取り付けに支障を来すから。

細かいところは段ボールをあてがって型紙を作り、元の内装パネルから少しアレンジを加えて

MDF材にマーキングする。 直線部分は丸ノコ、曲線部分はジグソーを使ってカットする。

ファスナークリップやアシストグリップの取り付け部分のネジ穴は、元の内装パネルを当てがって、

現物から転写しドリルで穴を開けておく。
 

 ファスナークリップの穴は均等な位置にあるが、

アシストグリップのネジ穴は手作業で行っているのだろう

バラバラの位置にネジ穴が開いている、かなりいい加減な作業(笑)

       
  木工用ホールソーを使って、ミッドバススピーカー取り付け位置をカット。

ツイーター取り付け位置にドリルで穴あけ。

 
 
   全ての穴を加工し終わったら表側になる角をヤスリで丁寧に削って丸める。

角が取れたら、レザー貼り。 このレザーは自動車内装用で当然フェイク。

320×1500mmビニールレザーの裏側に粘着剤が付いている。

スーパーオートバックスで2000円程だった。 元の内装のパネルと色が極似。

表側はシワがでないように慎重に貼り付ける。裏側に引っ張りながら貼り付けるので

結構大きめにカットして貼るといい。余った部分は後で切りとる。 

裏側の曲線部分はどうせ見えないからと、この有様。(でたA型の本性)

最後に、裏側の特に引っ張られている部分に、一応ステーブルを打って補強しておく。

 
   
  
   レザーの接着が落ち着いた頃に各穴部分をカットする。

各スピーカーを取り付けて、配線の長さを調節して取り付けておく。

元々BOSEのスピーカーを装着するための製作なので

写真はBOSEのスピーカーmodel1070

 
  
吸音材
 
   
   
吸音材を入れてみた。別にでかい音で聴くわけではないが、外に音が漏れ漏れもちょっとかっこわるい。

使った吸音材は、東急ハンズで購入。 その名も「ホワイトキューオン」 ペットボトルからのリサイクル製品だそうだ。

粉塵が出ず、自己消火性に優れており、融点255℃と高い防火性とのことで、車両に使用するのに適している。

厚みは10mm。 耳にあてがってみたが、確かに吸音に優れていた。 んでもって暖かかった(真冬の作業だったので)

割としっかりとした素材なので、カッターで切断する事ができる。これをスピーカーの裏側に入れてみた。
 

 
  
スペーサー&内装パネル切断
 
 内装は無加工で取り付けたかったが、上のような

スピーカーボードを取り付けるには、どうしても

内装パネルに加工が必要になったので、

勇気を持ってジグソーでカット。

木材を切断するより楽に切れる。

車のアクセルを煽るように、グイーン、グイーンと

リズミカルにやると上手くいく。
 

 20年程前に「いつかは使えるかもしれない」と

保管しておいた16cmスピーカー用スペーサー。

やっと日の目を浴びることが出来た。

取っておくものだねぇ、こういうのは。

  
フロントスピーカー

 
フロントスピーカーはパネルが丈夫なので、タッピングビスだけでもしっかりと固定できる。
 
当初取り付けてた

BOSEのmodel1010

小径ながらモッチリとした落ち着いた音
 

 現在はFOCALのPC130。 コアキシャル2ウェイスピーカー。

どんなジャンルでもバランスのよい音で再現してくれる。

純正のスピーカーは10cmだけど、こちら頑張って13cmを付けてみた。

右のスピーカーだけは奥行きがどうしても当たってしまったので、左右とも15mm厚のスペーサーを噛ました。

  
リアスピーカー
 
フロントスピーカーはパネルが丈夫なので、タッピングビスだけでもしっかりと固定できる。
 
当初取り付けてた

BOSEのmodel1070

ミッドバスのスピーカーとツイーター
 

 現在はFOCALのPS165。セパレート 2ウェイスピーカー。

クロスオーバー周波数、ツイーターレベルの設定ができる。

低音再現にも優れ、高音とのバランスもよい。

  
純正スピーカー
 
 オーディオレス仕様だったが、スピーカーだけは元々ついていた。

純正のスピーカー。 口径は前後とも100mm程。

カバーを開いてみたらなんとコアキシャル2ウェイだった。

今時の車では当たり前だろうが、

DEFENDERに2ウェイとはちょっと感心した。

 インピーダンスは4Ωらしいけど、最大入力がわからない。

記述で「らしい」数字は「45」。 耐入力45Wということか。

   

 
電装品をいじるときには、必ずバッテリーのマイナス端子を外しましょう。マイナス端子を外すとTd5の場合トリップメーターがリセットされてしまいます。(オドメーターはリセットされません) 

満タン法で燃費を量っている方はその回はあきらめましょう。

その他オーディオ関係のメモリーも消失する可能性があります。シガープラグタイプや端子接続タイプでメモリーを保護する製品もあります。

興味のある方は調べてください。また、バッテリー端子を外す時はオープンエンドのレンチを使います。万が一ショートした時にすぐに外れて事故を最小限に留めるためです。
 

 
この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いかねます。自己責任でお願いします。

 
   
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved