Modify
インパネ メーター LED化
 
 
   ある日気がつくとスピードメーターの片側が暗くなってた。 電球切れである。 これを機にLED化してみる。 

スピードメーターと、そのほかのメーターに分けて説明する。
 

 
スピードメーター
 
  メーターパネルの外し方はタコメーター装着のページを参照してください。

スピードメーターのバルブは裏の左右に電球の装着されている穴の 深いところに青いホルダーで装着されている。

先の細いラジオペンチなどで半時計に少し回して引き抜く。

ちなみに普通のラジオペンチではホルダーを挟もうと開くと、穴の幅に当たってしまうので

写真の様な先細のものでないとダメ。  ピンセットでは挟む力が弱くてダメだった。

 
  
 左の様な青いホルダーにT5ウェッジ球が装着されている。

でもこのT5ウェッジ球が外れないったらありゃしない!

先端は丸まっている上にガラスなのでプライヤーで挟むと割れそうだし

強力な粘着テープ巻いて引っ張ってみても外れない。

もしや一体? ・・・ではないみたい。

パーツリストで確認すると、ホルダーとバルブに分かれている。

↑クリック拡大
  
 どうしても電球が外れないので、あきらめて代替えの物で装着できるLEDが無いか調べてみた。 
   
 そして見つけたのがこちら!  

T4.7LED

ホルダーの台座部分Φ12mmLED頭部Φ8mm

丁度サイズが合うのがこれ!

      
左の写真は装着する穴の中を覗いたところだが、ここにひねって装着する。

あとは電極の接点がうまく合うかが問題。見ればなんとなく行ける気がする。 

右の写真はT4.7LEDの裏側。マイナスドライバーで回す。

力を上手に掛けないとすぐに溝が壊れるから注意  

 
タコメーター、水温計、燃料計 and 空調レバー部分
 
 
 左の写真は裏側。上部の黒い部分がホルダーになっていて

小さな小さな電球が差し込まれている。 

装着されているのは、T5ウェッジ球。直径5mm、長さ18mm、差込幅4.6mm

空調レバー部分もT5ウェッジ球。

   
 このT5ウェッジと互換性のあるLEDは色々な形状がある。  

購入したLEDは先端の直径が7mm。

タコメーターだけはLEDを挿しこむ所の内部の基盤に、5mmの電球が丁度通るくらいの穴があり

このLEDは引っ掛かってしまう。 

いい具合に基盤の穴のあいている周囲に基盤プリントがされてなかったので

ドリルで8mmに穴を広げてどうにかこのLEDを通る様にできた。

T5のLEDを購入する際は、直径が5mm以内のモノを探した方が手間がない。
 

 
 完成
 
 ブルーのLEDにしてみた
 
 
 
 ホワイトのLEDも試してみたが、もともとメーター内部の緑色のフィルターを通してグリーンの文字になってるので、

ホワイトにすると純正色のまま輝度が眩しいくらいに上がり視認性が増すような感じだった。ちなみに左右の空調レバーの電球はホワイトにしている。 

ブルーのLEDにすると、緑色のフィルターを通してREEの好きなブルーグリーンにならないかと思ったが、そうはならなかった。普通にブルーに光る。

メーターの針もブルーになり素敵。 空調レバーの所を見るとわかると思うが、やはり光の直進性があるLEDは、光が広がらず若干のムラを感じる。

視認性に問題はなし。 ブルーに光るメーターはちょっと新鮮だ。
 

 
LEDには極性がある。挿し込んで点灯しなかったら逆に挿し込みなおす。
 
 
電装品をいじるときには、必ずバッテリーのマイナス端子を外しましょう。マイナス端子を外すとTd5の場合トリップメーターがリセットされてしまいます。(オドメーターはリセットされません) 

満タン法で燃費を量っている方はその回はあきらめましょう。

その他オーディオ関係のメモリーも消失する可能性があります。シガープラグタイプや端子接続タイプでメモリーを保護する製品もあります。

興味のある方は調べてください。また、バッテリー端子を外す時はオープンエンドのレンチを使います。万が一ショートした時にすぐに外れて事故を最小限に留めるためです。
 

  
この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いかねます。自己責任でお願いします。

 
   
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved