Modify
システムキャリア

REEのディフェンダーは、車検証上車高は2030mm。システムキャリアを搭載したうえで、

多くの一般的な駐車場の高さ制限をクリアすべく2100mmに留めたい気持ちがある。 

最近新しく出来た店だと2300mmまでOKなところが多いが、まだまだ2100mm制限のところが多い。  

システムキャリア搭載で車高はどうなるのか。
  

  
 システムキャリア定番所でというと、「THULE」 「TERZO」 「RV−INNO」 の3社。

色々と調べたら、取り付けの脚が一番低そうなのが「TERZO」だったので、「TERZO」に決定。

  
 ネットでの適合表で、フット部分はEF4バー部分はEB5(長さ1650mm)

と言うことで素直にそれを購入した。

フットの高さは221mmで取り付けた時のバー下寸法は40mmになるとの事。

実際取り付けてみると40mmは無さそう。

余談ですが、TERZOのフットにTHULEのバーを付けている人もいます。

またTHULEのバーにTERZOのアタッチメントを付けている人もいます。

 
  
 
235/80/16
のスタッドレスタイヤを履いた場合の車高は約2060mm

2100mmまでは40mmの余裕あり。 

 
235/85/16
のタイヤを履いた場合の車高は約2080mm

2100mmまでは20mmの余裕あり。
 

   
と言うことで、TREZOのシステムキャリアのみなら必要な時にだけスキー用のアタッチメントや、ルーフラックアタッチメントを取り付けて

普段はシステムキャリア本体は付けっぱなしで2100mm制限の駐車場はOKって訳です。

ちなみに、この数値はREEの車両での値であって、正規輸入車、並行輸入車でも同じ輸入方法であってもサスの仕様が違ったりと

全てのディフェンダーには当てはまらないかもしれません。 あくまでも参考にどうぞ。

 
 
 
この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いかねます。自己責任でお願いします。

 
 
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved