Modify
タコメーター搭載
   
  タコメーターを個人輸入で手に入れた。Td5用をParts Catalogue で調べると  YMG111630 Td5
   YMG109270 Except Td5 
   YAE100790  Td5 SouthAfrica 
   STC60692  Heritage
   
とある。Except Td5はTd5以外。Heritageは「先祖伝来のもの」目指すは YMG111630 Td5 もしくは YAE100790  Td5 SouthAfrica

ネットで調べるとYMG111630の情報は非常に少ない。YAE100790に関しては取り扱うSHOPも多い様だ。

Td5への装着記事(海外)を2つ程見つけたが、どちらもYAE100790を使用していたので、こちらを購入することにした。
  

 
純正品番 YAE100790
 
入っているのは本体のみ。

取り付け説明書なんかない。 

Made in Switzerlan と書いてある。

アナログ針系の場合、スイス製と聞いて

精度抜群なイメージを持つのはREEだけか?

 
「Td5」の文字が刻まれている。お、低反射ガラスだ!
 
端子は3つ。「+」 「−」 「2」。
  
「+」はイグニッションキー連動電源。

「−」はアース。

「2」はエンジン回転パルス信号。

 
回転数パルス取りだし
 
 
 回転数パルスはドライバーズシート下のECUからとる。

シート座面を取り外し、防音マットをめくって、

黒いふたを開けるとこんな感じ。

REEのは社外シートなのでシートすべてを

取り去らければならず一作業多いのだ。。。

写真はドライバーズシート右側から見た画。

写真右側が車両前方。

 
 ECUには赤と黒のコネクターがあるが

こちら黒のコネクター(C0658)の19番ライン(赤矢印)から取る。

ラインの色はWorkshop Manual にTd5は黄/ピンクと記述されている。

赤/緑 のラインと ピンク/白 のラインの間にあるラインである。

一見黄色だけに見えるが、よく見ると 黄色/ピンク だ。ここから分岐コネクターで分岐する。

19番のラインは個体によっては白/グレーだったり、配線自体されていない物もあるらしい。

配線されていない場合は19番の位置に端子を付けて配線するなり、

半田付けするなりすればパルス自体はきているとの事。

   
  
配線はコルゲートチューブを介して黒いふたの脇から引き出す。足元の防音シートの下を通してAピラー下の壁沿いの防音シートの中を通し、

ドアヒンジカバー中経由でインパネへと立ち上げる。ペダル上の防音シートをクラッチマスターシリンダー交換の時にチョッキンしちゃってるので楽にできた。
 

 
メーターパネル取り外し
 
  
写真の矢印のネジ。メーターパネル側面とメーターパネルの下。

左側もシンメトリーの位置にある。

  
パネルを手前に引くと外れる。メーター類の配線がしてあるので慎重に。
    
   
  
メーターパネルにつながっている3つのコネクターを外す。

見にくい写真でごめんなさい。

  
こちらのコネクターはとても外しにくい。ロックの爪を押しながら、

内張外しなどでコジると外れる。ちとコツが要る。
 

 
 これでメーターパネルが分離して作業し易くなる。メーターパネルを外さなくても作業は出来るが、

配線に負担をかけないためにも、この先の作業は外してすることをお薦めする。

 
  
 
メーター並べ替えと配線
 
 
 左から燃料計、水温計、時計 と配置されている。

REEは時計とタコメーターをトレードして

左からタコメーター、水温計、燃料計 と配置したい。

エンジンコンディションの計器は目線近くが理想。

タコメーターはドライバーズシートから見て中央に位置することになる。

 
 配線束に巻いてあるビニールテープを取り去り、燃料計、水温計、

そして時計に付いているコネクター類を外す。

写真左側のイルミネーションランプも外す。ひねって引っ張れば外れる。
 

 
メーターは白いリングを回転して外すと外側に向かって取り出すことができる。  希望の並びから水温計を残して燃料計と時計を外した。
  
  
燃料計を一番右に配置しようと思ったら、配線が若干とどかない。中央に配置すればとどくのだが、やはり中央には水温計を置きたかったので

コネクターから端子を抜き延長することにした。延長した中間の接続部は自己誘着テープとビニールテープでしっかり絶縁。

 
   
 タコメーターの「+」の配線は常時電源やアクセサリー電源にならない様に注意(アクセサリーなら一応可かな?)メーター配線の束にある 白/緑 から取る。

白/緑 のラインはキーONの位置で12V供給される。「−」の配線は 黒 の線から取る。黒一色の線ならどれでも可。

いずれも幹線の太い線から分岐コネクターで分岐して平型端子メスでメーターに取り付ける。

            
 
 時計は他のメーターと違いイルミネーションランプが内蔵されているので、

イルミネーションランプのコネクターが別になっておらず流用出来ない。

紫の線が常時電源。これはタコメーターに繋いではダメ。

赤/オレンジがイルミネーションランプのプラスになる。 黒 はアース。

分岐コネクターで分岐も考えたが、チョッキンして平型メス端子を付けてしまった。

今思えば分岐コネクターにしておけばよかったかも。

 
 タコメーターの2番ピンの配線を除いて、すべての配線を接続したら、

ビニールテープできれいに巻く。きれいじゃないけど。。

A型は見えない所はこんなモンなのです。

使わない時計用のコネクターもビニールテープでしっかり絶縁しておく事。

 ちなみにビニールテープは自動車配線用の物で剥がすときに

接着剤がベトつかないのだ。

   
  
 ECUから取り出したエンジン回転パルスの線の長さを調節して平型メス端子でタコメーターに接続する。 

そして、メーターパネルを戻しちゃう前に動作確認するのがセオリー。

(自信があれば戻しちゃっても可) 動作OKなら本格的にメーターパネルを元に戻しビスを取り付ける。
 

 
取り付け完了
  
 
メーターの配置はこんな
  
    
おぉ!ちゃんと動いた! 上の画はアイドリング時の針の位置。早速TSUTAYAのDVD返しがてら近所をテスト走行。

メーター周りが何だか新鮮でタコメーターばかりに気を取られてしまう。危険危険。

タコメーターを後付した人のほとんどが「思ったより回転があがっていなかった」と言う。  REEも例に漏れず同じ感想だった。音の割には回転数は低かった。

  
 
 右のグラフはTd5エンジンの性能曲線。燃費曲線が無いのが残念。

燃費曲線があると省燃費シフトチェンジタイミングがわかるんだけど。。。

 REEはだいたい2000回転付近でシフトチェンジをしていたので、

ほぼ最大トルクでシフトチェンジしていた事になる。

この性能曲線から見ると低回転域にトルクバンドが有るので、

街乗りやオフロードでは超走りやすいエンジンって事になる。

しかも1000回転から最大トルクまでの立ち上がりを見ると

こりゃ坂道発進でサイドブレーキ使わなくても行けちゃう訳だと納得。

3000回転付近でトルクと馬力が交差している。

このあたりがトルクと出力を効率よく使える回転数って所でしょうか?

100km/h程度で走っている時は、約2500回転だった。

4500回転手前で馬力が最大出力になりその後トルクと共に急激に落ち込む。

この出力最大の回転数になるとエンジン音は凄まじいだろうな。

最大出力の回転域はきっと精神衛生上回せないかも。。
 

  
電装品をいじるときには、必ずバッテリーのマイナス端子を外しましょう。マイナス端子を外すとTd5の場合トリップメーターがリセットされてしまいます。(オドメーターはリセットされません) 

満タン法で燃費を量っている方はその回はあきらめましょう。

その他オーディオ関係のメモリーも消失する可能性があります。シガープラグタイプや端子接続タイプでメモリーを保護する製品もあります。

興味のある方は調べてください。また、バッテリー端子を外す時はオープンエンドのレンチを使います。万が一ショートした時にすぐに外れて事故を最小限に留めるためです。
 

 
この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いかねます。自己責任でお願いします。
 
  
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved