・ランドローバー ディフェンダー Td5 に関するサイトです
 
 

Maintenance

マッドフラップ(Rear)交換
乗り始めて12年近く経って、リアのマッドフラップの上部が切れてきた。

完全に千切れて後続車に迷惑をかけてもまずいので

急いでいつもの「PADDOCK」から取り寄せた。

 純正品、サードパーティ品ともに、

各パーツ単位のものと、ブラケット付きのものがある。

ラバー部分だけでもよかったが 作業時間も余り取れないし、

急を要してはいるので今回はサードパーティのBRITPATのブラケット付き。

品番は、左側が CAT500350PMA、右側が CAT500340PMA

純正の「LANDROVER」ではなく「BRITPART」というロゴが刻まれている。

裏側は(写真が無いのだが)純正品と同じく、ストライプの溝が刻まれている。

 左写真は右側マッドフラップの取り付けを後ろから見た写真。

矢印の2か所にボルトで固定されている。

 

・外側のボルトサイズは8mmで

 何故かナットは10mmで留まっている。(右写真上)
 

・奥側のボルトサイズも8mmで

 こちらはフレームにネジ山が切ってあり

 直接留まっている。(右写真下)

 パーツカタログにはブラインドナットが記載されているので

 本来はネジ山を切るのではなく、ブラインドナットを

 取り付けて装着するものなのかもしれない。

 右側だけでよかったのだけど、ロゴも変わるし左側のマッドフラップも交換した。

左側はエキゾーストパイプのエンド部分が近いので、

エンジンを切ってすぐの作業の場合は火傷しないように注意!


 この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いかねます。自己責任でお願いします。
 
      
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved