Maintenance
セントリフューズフィルター (遠心フィルター)交換 
   
 Td5エンジンには通常のオイルフィルターの他に、

もう一つセントリフューズフィルターというフィルターがある。エンジンを切った直後に

ブイーンと音がしているのが、 このセントリフューズフィルターが惰性で回っている音。

オイルを浄化してくれていた証なのだ。

 こちら純正品。LRJでは20000km又は1年での交換を 勧めているとの事。 

純正品 品番は ERR 6299

フィルターローター本体とOリングがセットになっている

       
通常のオイルフィルターはエンジンオイルを抜いて作業しますが、 セントリフューズフィルターはエンジンオイルを抜かなくても交換できます。
 
セントリフューズフィルター外し
   
 
 
 
 何も外さなくても作業は出来るが

ちょっと作業し易くするためにピンクの矢印の位置に

あるボルト3本(13mmレンチ使用)を外し

カムシャフトカバーにかかっている

アコースティックカバーを外す。
 

   
  
  
  
 黄色い矢印の様にセントリフューズフィルター上を

通っているブリーザーホースを外す。

ブリーザーホースを留めてあるホースクリップは

とても固くて手では広げるのが困難。

プライヤーを使ってずらして外す。

指差しマークの位置がセントリフューズフィルターの位置
 

セントリフューズフィルターのカバーは

10mmの ボルト2本で留まっている。

 
 奥まった所にあるためにラチェットに80mm程の

エクステンションを付けたが届かない。。

150mmから200mmくらいのエクステンションか

長めのTハンドルがあれば届いたのに手持ちが無かった。

工具マニアのREEとしたことが。。。
 
 

結局、首の折れる小型(1/4)の

スタビーラチェットで外した。

 
    
  
 セントリフューズフィルターのカバーにもネジタップが

切ってあるので、 写真の様にボルトを全部抜かなくてもいい。

 
 カバーを開き、このローターを

単純に引っ張り上げれば外れる。

ローターを外した状態が上の写真。

ローターを持ちあげたら下から

オイルがポタポタ。おっとやばい!

と思って逆さにしたら、

もっとドバーッとオイルが

垂れてきた。

ローターを持ちあげる前に、

すぐにオイルを受けられる様に

セントリフューズフィルターの

カバーを逆さまにして

受けるといい。
 

 
 10mmのボルトが

結構錆びていたのでCRC556を

ぶっかけて、ワイヤーブラシで

錆を取っておいた。

    
 セントリフューズフィルター交換
 
 フィルター周辺を 軽く清掃してから

新品のローターを挿入する。
 

 カバーをパーツクリーナーで清掃して

付属されている新しいOリングに

取り替える。
 

 カバーは取り付けの方向がある。

10mmのボルトの締め付けトルクは9Nm、かなり緩め。

今回エクステンションが短かったためにトルクレンチが使えず

何となく手で締めた。
 

  
 
セントリフューズフィルターの交換が終了したら、後々オイル漏れを確認し易くするために

フィルター周辺にパーツクリーナーをたっぷり吹き付けてすぐにウエスでふき取り清掃する。
   

古いセントリフューズフィルターの中にはオイルが入っています。 廃油処理は法令により義務づけられています。 廃油の処理は確実に実施しましょう。
   
以上でセントリフューズフィルター交換は終了
   
 
この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いかねます。自己責任でお願いします。
 
  
   
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved