RECARO Medical Series ORTHOPAD
  
  What's RECARO ドイツのシートメーカー

RECARO(レカロ)1906年に馬車メーカーとして誕生した

その初期にフォルクスワーゲンのプロトタイプ1号車やポルシェ・スポーツカーシャーシを手がけていた。

1963年、シート製造に専念しその10年後、アイデアルシートと言う大ヒット商品を発表。 RECAROの名は世界中で不動のものとなった。 

シートは、車とドライバーを結ぶ最大のインターフェイスと位置づけ、人間工学的な発想と整形医学の研究成果を製品開発に反映すると言う

「シート哲学」を元にRECAROは今日も世界中のドライバーの支持を得て、揺るぎない地位を維持し続けている。

自動車のシートに限らず、サッカーコートのベンチ、旅客機や新幹線、あの歴代のスペースシャトルにも装着され宇宙へも旅している。 

特筆すべき事は、なんとこのレカロシート、医療最先端の本国ドイツでは「処方箋」で購入できる。つまり「保険」が適用されるのだ。

これを見てもレカロが医学の見地からも認められていることが伺える。

 
  
  
Medical Series ORTHOPAD     メディカルシリーズ オルソペド
 
 レカロは本格的なモータースポーツシートからセミスポーツシート、一般的なシートまで多彩なシリーズを用意する。

その中でも整形医学的な特徴を強め、腰痛防止に主眼を置いたのが、メディカルシリーズ。 

その最高峰であるORTHOPEAD(オルソペド)は、特に腰椎に損傷を抱えている人向きに設計されている。

  
  
ORTHOPADの機能
  
コントロールスイッチ
              コントロールスイッチ 前方から
 
                       ・リクライニング 前後
 
                 ・レカロヴェント ON/OFF
 
          ・シートヒーター ON/OFF
 
    ・背中ランバーサポート 増減
 
・腰ランバーサポート 増減
 
  
    
 パワーリクライナー 電動リクライニング

リクライニング可能角度は、右ハンドル車運転席ドア側から見て、後方9時、前方2時程。
 

 ショルダーサポート・アジャスター 

肩の後ろ部分のパッドの高さを調整でき、通常浮きがちな肩の部分までシートバックがあたる。
  

 サイドサポート・アジャスター 

背もたれ脇にあるダイヤルで、体型に合わせて調整可能。
 

 ヘッドレスト高さ・角度調節 

体型に合わせて高さと角度を調整出来る。

高さと角度の調整幅が広いのでベストポジションを設定できる。
 

 専用パッドヘッドレスト 

あたり具合がソフトなパッドレスト。非常時には衝撃を充分に吸収してくれそう。
 

 シート座面長さ調節 

座面ブロック前方を引き出せる様になっていて、腿下から膝までの座面の長さを調整できる。
 

 シートヒーター 

腰辺りと座面が暖かくなり、腰の血行を促す。寒い冬にヒーターが効き出すまで暖かく過ごせる。

入れっぱなしでも、サーモスタッド機能でオンオフするので過熱する事は無い。
 

 バックレスト前倒し機構 

2ドア車用。レバー 一つでシートバックを前に倒せる。
 

 レカロ・エアマチック・ランバーサポート 

背中中部と腰部の当たり具合を、それぞれ別々にスイッチ操作によりエア量で調整出来る。
 

 レカロ・ヴェント(除湿機能) 

背中部分と座面部分にファンが内蔵されていて、強制換湿してくれる。
 

 ラバーマットサスペンション 

サスペンションと言ってもショックアブソーバ機能ではなく、振動吸収素材を使用している。

かといって柔らかい訳ではなく、むしろ固めかな?

 
姿勢を変えようと手をついてしまうことがある
 
ショルダーサポート・アジャスター & ネックピロー
ショルダーサポートを最前にすると、浮いて少し不格好なので

RECAROのネックピローを取り付けてみた。

 
座面の先端をスライドさせて座面の深さ調節可能

写真は引き出していない状態。ブロックの半分くらい引き出せる。
座面サイドの部分は乗降し易いように低めに作られている。

4輪駆動車など背の高い車も乗降し易い。

  
  
   
REEの体型は、身長162cm(ちびです)、中肉中背(どちらかというとやせ形)。

まず、座面の長さはこの身長だと通常でも長め。足を投げ出す姿勢の乗用車なら気にならないと思うが、

  4輪駆動車やトラック的な腰かける姿勢だと正直オーバーサイズか。 座面先端のアンコを減らそうと考え、

  かれこれ何年も経っている。。。と言うくらい、気にする程でもない。  クラッチ操作がないオートマならばまず気にならないと思う。 

ショルダーサポートとランバーサポートをうまく調整すると、背骨が立っている時の状態に近くなり長距離の運転でも疲れ腰痛は激減。 

専用パッドレストは、オルソペドの専用ということ。非常時の衝撃吸収のために後頭部に違和感がない程度に前側に倒すといいかな。 

サイドサポートは、REEは細いため一番狭めているが、カーブなどでも全くと言っていよいほど体のブレが起きないので、とても楽。 

シートヒーターは、すぐに暖かくなるので、冬場にエンジンが温まるまでの間から既に暖かくて重宝する。 

レカロヴェントは、夏場の背中や腿下のジットリ汗が解消されて快適。いずれもしっかりと深く腰掛けないと、オルソペドの効果は得られない。

 腰痛考」のページに書いてあるように、腰椎分離症であるREEにとってこのシートは魔法のシート。
 

 
  

 この記事を参考にした事による、如何なる事故や損害など当方では一切責任を負いかねます。自己責任でお願いします。
  
 
 
Copyright(c)2004 REE All rights reserved